安曇野と安曇野周辺の温泉地

安曇野温泉 > 安曇野と周辺温泉  »  安曇野と周辺温泉について > 安曇野と安曇野周辺の温泉地

安曇野と安曇野周辺の温泉地

安曇野があるのは、長野県安曇野市。北アルプスの麓に広がる、信州ののどかな田園地帯です。北アルプスを水源とする、日本名水百選にも選ばれている清らかな湧水(安曇野わさび田湧水群)があり、大変良質で日量70万トンと豊富なため、わさびの大規模な栽培(大王わさび農場など)やニジマスの養殖を行なっています。


安曇野や北アルプスの清らかな空気のもと、美術館やギャラリー、工房がたくさんあり、また洒落たカフェが安曇野の森の中に点在していて、アートな雰囲気にひたれる女性に大変人気のある里となっています。また安曇野といえば、道祖神も有名で道祖神巡りのコースもあります。


安曇野にある温泉地は、穂高温泉郷。飛騨山脈(北アルプス)にある標高2,763mの燕岳(つばくろだけ)の麓で、中房渓谷・有明温泉からの引き湯です。温泉の泉質はアルカリ性単純温泉で無色透明。大変滑らかな肌触りの湯です。


川端康成、井上靖、東山魁夷、臼井吉見、「日本近代登山の父」ウォルター.ウエストンなど多くの知識人にも愛された美しく清らかな安曇野での温泉巡りや美術館巡り、ウォーキング、登山などは、きっと素晴らしいリフレッシュになります。


★安曇野周辺の温泉地★

■安曇野 蝶が岳温泉・・・北アルプスの麓にある須砂渡渓谷から沸くラドンを含む温泉。宿は、ほりでーゆ~四季の里。40種類のつつじが見事なつつじ園、国営アルプスあづみの公園、鳥川渓谷などが周辺にあります。


■長野県安曇野市に隣接する大町市には、大町温泉郷があります。安曇野からは、車で30~40分ほど、大糸線で穂高駅~信濃大町駅は30分ぐらいです。

大町は、北アルプスを貫く約100kmにもおよぶ立山黒部アルペンルートの長野県側の拠点。大町からは黒部ダムも近く、登山の行き帰りに温泉宿に宿泊する人も多くなっています。

「北アルプスの鏡」といわれる仁科三湖(木崎湖、中綱湖、青木湖)、北アルプスの麓の湿原、紅葉が県内有数といわれる高瀬渓谷とエメラルドグリーン色のダム湖など、自然豊かな大町での温泉もまた、大変気持ちのいいものです。

大町温泉のそばには、鹿島槍スキー場、爺ガ岳スキー場もあり、冬はスキーが楽しめます。


籠川渓雲温泉・・・大町市にある立山黒部アルペンルートの入り口「扇沢」にいちばん近温泉。宿は、くろよんロイヤルホテル。



サイバーエージェントFXの口コミ